« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月10日 (水)

神戸復興区画整理における2つの連携

 東京都都市整備局の都市復興図上訓練の一環として,神戸防災技術者の会のメンバーで阪神復興時に区画整理部長を務めた内田さんがお越しくださった.
 私の不勉強なだけなのだが,懇親の場で2点,興味深い話をお聞きした.
 1つは,神戸市でも都市計画と住宅が連携して事業にあたることは,発災前はあまりなく,地震後の84条建築制限がトリガーとなった,ということ.
 2点目に,地域からの「まちづくり提案」に基づく,松本地区の「せせらぎ遊歩道」や長田駅の「アジアギャザリー」の実現を「まちづくり事業」と位置づけられ,二段階都市計画決定とは別段階とお考えになられていたこと.言い換えれば「二段階の都市計画,多段階のまちづくり」といった計画策定プロセスが浮かびあがってくる.
 組織間の連携,および都市計画とまちづくりの連携.東京の事前復興まちづくりを検討する上で示唆に富んだ指摘だった.

2009年6月 8日 (月)

中山間地域での事前復興訓練スタート

 八王子市上恩方地区での震災復興まちづくり模擬訓練がスタート
 既成市街地とは異なる被害項目,復興シナリオ,そして訓練手法が求められる.
 今夜はその1回目.初顔合わせをしつつ,中林先生のイントロダクション・スピーチにもいつになく熱が入っていらっしゃった.
 プロジェクトKについてよい感触.竹を伐採させていただく承諾を得た.いよいよ本格始動できそうだ.
2009ongata1st 2009ongata2nd

2009年6月 1日 (月)

船橋美し学園

 東葉高速鉄道船橋日大前に広がる都市再生機構施工の区画整理事業地.
 この地を訪れたのは8年ぶりだったが,まったく景観が一変.「まちができる」という印象を初めて味わった.
 美し学園では「低層住宅地」としてのブランドづくりに成功している.西船橋から東葉勝田台までの東葉高速鉄道沿線沿いでの開発動向と,北習志野で交差する新京成線沿線の住宅地状況を考えれば,その成功の度合いは対照的だ.
utsukushi01.JPG utsukushi02.JPG

 左の写真は,電線地中化街区と電柱街区が接した街路.右の写真はメゾネット形式の賃貸住宅.
 今回はTMU都市と住宅を考える会による研究会に参加.ご案内くださったNPO美し学園倶楽部理事を務めていらっしゃる都立大の大先輩に感謝.

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

書かせていただきました

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

To mail