« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月26日 (日)

事前復興まちづくりのアップデート @東京都庁

 東京都都市整備局主催の「都市復興シンポジウム」(2010/12/22)にて,パネラーとして,私なりの「事前復興まちづくり」について,「いま,ここ」の状況を話題提供させていただいた.
 シンポ自体は,中越から稲垣さんをお呼びして,中越および中越沖地震における「地域協働復興」の基調講演があった.PDの冒頭で私は,次のような感想を述べさせていただいた.

 地場野菜産直所の設置に象徴されるように,「くらし」と「なりわい(Livlihood)」の近さによって,一度,相互の信頼関係が築かれ,目標が共有できると,両者が乖離した東京よりもダイナミックな動きとなって復興が進んでいく,ここに新潟発の地域協同復興のカタチがあるのでは,という強い印象を受けました.

 その後,私なりの「事前復興まちづくり」に触れ,練馬での事例(貫井,桜台,復興マニュアル,そして防災まちづくり事業との連携,といった一連の流れ)を紹介.
 「現場」の関係各位がどう最新の段階を受け止めており,そして次への展開を考える上で,よい場となった.来年年明けからも,町田を手始めに,自分にできることは,うっかりすることなく,コミットしていきたい,と思ってます.

tmg_2010dec22_001 tmg_2010dec22_002

2010年12月19日 (日)

AIJ住宅系研究報告会 スマトラ島西部地震住宅再建調査報告

 建築会館で開催された第5回住宅系研究報告会で,スマトラ島西部地震からの住宅再建についての報告をおこなった.発表時間を2分ほど長く勘違いしており,肝心の現地調査を端折ることに・・反省.
 フロアから地域文化シンボルでありエスニシティでもある「ミナンカバウ」の影響もあるのでは,といった指摘もいただく.
 また有賀先生から,次のようなコメントをいただいた.

 Pokmas(住宅再建近隣組合)について,自分もスーダンの内戦からの復興において「ナフィアー」という地縁組織に対して,海外からのPlanning的な視点からの支援で,住まいや集落の再建を進めていった事例を思い出しました.そういった各国にある伝統的な地縁ネットワークに対して,いかに国際機関が提案するPlanning的なしくみを統合させていくか,そういった理論化が可能なのではないでしょうか.

 それに対して,次のような応答をさせていただいた.

 災害や内戦からの復興理論としての展望ができそうな気がしてきました.すなわち,災害復興論において,地縁組織を単位にPlanningをすすめ復興をはかる方法論,それは,阪神淡路の「復興まちづくり協議会システム」が世界的に見ても,一つの大きな貢献事例だと認識していますが,それだけでなく,私が直接知っている限りでも,1999年台湾集集地震における「社区総体営造」といった共通事例があるように思います.言い換えれば,共に大きな被害を被った地域コミュニティにおいて,相互に共感し,サポートするといった新しい関係性に対して,Planningという視点でいかに「住まい」と「まち」の再建を組み立てていくか,という理論化は日本の研究者だからこそ論立てすることが可能なのではないか,と感じました.
 
 そして建築学における「自分の立ち位置」も再認識できる機会となった.すなわち,1/100スケールの空間論への造詣をこれからも深めつつも,空間に加えて,人,情報,資金といった様々な資源を,Planningという視点から,構想し,統合させていく,という意味で.

aij_2010dec_01 aij_2010dec_021

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

書かせていただきました

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

To mail