« 被災地に寄り添う気持ちを持って | トップページ | 大船渡市復興計画骨子案へのコメント »

2011年7月10日 (日)

栄村 被災古民家の再建活用を核とした集落総体復興に向けて

 表記の報告提案書を持参して,栄村へ三度目の訪問.
 5月に実施した「実測調査」を元にした提案書.
 協力してくれたチーム(宮川さん,渡辺さん,櫻井さん,木村さん,志岐さん)のみなさん,どうもありがとう.
 道路が開通した大久保集落を初訪問.県指定文化財の高橋家住宅の発災前後の経緯について,付近の方にインタビュー.国道から入った集落ゆえ,青倉,小滝よりもさらに「風景資源としての集落」が息づいている.
 午後からはNPO栄村ネットワークと経緯についての情報共有と今後のProjectの進め方について,相談.いよいよ事業化に向けて,本格化しそうだ.
 上記報告書,よろしければ,ご覧いただければと思います.市古まで,ご連絡ください.
r0016126

« 被災地に寄り添う気持ちを持って | トップページ | 大船渡市復興計画骨子案へのコメント »

未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栄村 被災古民家の再建活用を核とした集落総体復興に向けて:

« 被災地に寄り添う気持ちを持って | トップページ | 大船渡市復興計画骨子案へのコメント »

私の発表論文等

書かせていただきました

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

To mail