« 野田村復興まちづくりシャレットワークショップ | トップページ | 市古研究室が始動 »

2011年8月25日 (木)

建築学会,都市計画学会,都市計画家協会での投稿原稿

 表記のとおり,3つの学協会に3.11後,復興に関する記事を書かせていただきました.
 よろしければ,ご覧ください.

    (1)「防災復興研究者として,3.11 後に走りながら感じ,行動したことから考える」(2011/8月)  日本建築学会都市計画部門パネルディスカッション資料「これからの都市防災」  aij2011pd_ichiko.pdf
    (2)「POKMAS,T-Shelter から発想すること -インドネシアにおける巨大地震からの住宅再建スキームから考える-」(2011/6月)  都市計画学会会誌「都市計画」291号,vol.60 no.3  都市計画学会へのリンク
    (3)「酒田・阪神型 市街地復興手法の再構築」(2011/6月)  都市計画家協会会報「Planners」67号  plannners67全文PDF(4.6MB)

« 野田村復興まちづくりシャレットワークショップ | トップページ | 市古研究室が始動 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築学会,都市計画学会,都市計画家協会での投稿原稿:

« 野田村復興まちづくりシャレットワークショップ | トップページ | 市古研究室が始動 »

私の発表論文等

書かせていただきました

無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

To mail