« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月25日 (金)

石巻3.11避難行動オーラルサーベイ

 石巻市中心部にといて,主に3.11当日の避難行動について聞き取り調査を実施.
 現在,鋭意とりまとめ中だが,現地の様子について,先に写真にてお伝えします.




中央地区の低堤防区間               まちと川の関係はいかにあるべきか

r0017763r0017767
            

電設会社社長から話をうかがう       内陸部の安全な土地に仮設事務所を置いて営業再開
r0017795 r0017804
            

仮設横丁       築立地区付近
r0017917r0017817

            

仮設横丁       築立地区付近
r0017870r0017879

            

仮設横丁       築立地区付近
r0017902r0017965

            

仮設横丁       築立地区付近
r0017935r0017941

2011年11月20日 (日)

八王子市別所地区の地域協働復興訓練

 連続三回の訓練の最終回.
 分譲集合住宅を対象とした復興訓練は,おそらく日本で初めての取り組み.
 それでも,3.11の経験などもあり,対象となった多摩ニュータウン内の集合住宅管理組合の理事メンバーの関心は高く.意見がたくさん出たし,地域にとっても,防災対策を進める上での一つのきっかけになった様子.
 僕の担当したグループで出された,
 ・住戸安全確認カード(安否確認を玄関ドアに表示するもの)
 ・疎開避難届け出カード
 については,是非,具体のデザイン提案までしておきたい,と感じた.
 学生メンバーも下働きだったが,各自なかなかよい刺激を受けた様子.地域のニーズを読み解き,その場で適切な語彙に変換し,その後に具体の作業提案(費用も含めて)をすること,は「都市をつくる」仕事に求められる基本スキル,であることは現場でしか体感できないし,教えられないもの.

2011年11月13日 (日)

地域安全学会にて町田の自主防災組織の連携ニーズを報告

 11/11-12に静岡県地震防災センターで開催された「地域安全学会大会」にて,「自主防災組織の活動特性を踏まえた連携実績と連携ニーズに関する調査—東京都町田市を対象に—」を報告.今年度は,他にも3.11における災害障害者の避難生活実態や,帰宅困難問題,復興計画のための「プランニング単位」に関する検討など,興味深い発表があり,大変に刺激的な2日間だった.
 町田の発表スライドを下記にしばらく置きます.

発表スライドPDF

 いただいた質問や意見としては,
 Q:任期と活動水準の比例関係について同感,何か手立てはないのか?
 A:例えばマンション管理組合における組合理事(1年交代)と大規模修繕委員会(複数年)の考え方が慣用できるのではないか.
 Q:町田は相対的にみて震災リスクが低く,活性化も難しいように思う,なぜ町田でここまでの取り組みを支援するのか?
 A:内水被害としては比較的多発している,ただし,震災リスクについては,23区に比べて低い,活動方針について,区分しながらの支援が必要と思う.
 また「分析評価、ツールなどの発表が多いなかで、先生のご発表では実践的で現実的なディスカッションがなされたのでは」という感想もいただいた.町田の取り組みは今年度もProjectが始動している.気仙沼での活動報告とワークショップの内容で,来年1月に実施予定である.もし感心のある方は,ご連絡ください.

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

書かせていただきました

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

To mail