« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月27日 (金)

津波避難調査からの空間デザイン試論-Jsurp都市計画家協会にて-

 日本都市計画家協会の東日本大震災関連の連続セミナーとして「津波被災体験と復興まちづくりをいかにつなぐか」として話題提供し,プランナーのみなさまからご意見をいただいた.
 ゲストのみなさまとの討論を通して,深まったのは次の3点

  1. 共助型初動プロセスデザインの重要性

    • 葛飾区を中心に活動されているNPOの理事長から,「山田町の35分,石巻中心部での52分間の行動ケース分析から,東京都のゼロメートル市街地における地震水害など,公的に想定されていない被害像と初動対応を地域のステークホルダーみんなで考えておくことが重要というように理解させてもらった」とご指摘いただく.その通り.それぞれの地域で想定される災害ハザードから被害像をステークホルダーの間でイメージし,直後対応シナリオをデザインすること,この取り組みの重要性は強調しておきたい.ハザードマップは,そのツールとして利用されてこそ効果を発揮しよう.

  2. 防災復興を切り口に,事業を担うコミュニティの布陣をどう組み立てていくか

    • 早稲田大の若手研究者から,問題提起をいただく.意思決定組織をたてつつ,実行部隊組織を柔軟に組み立てておこう,という視点だ.全く同感.僕自身,種は蒔きつつある.

  3. 人口減少の下,コンパクトな集落構造イメージは自明だが,専門家のLand Tenureへの介入なしには実現は難しい

    • 駐車場やあまり使われていない畑地で,ここに住宅をインフィルしていければ,一定の高さの斜面地に,適切な密度での集落復興が可能と思われる集落が少なくないと感じるのだが,実際に土地の売買となると,敷地を確定させ,所有者を割り出すだけでも相当の作業で,専門家の関与なしには進展しないように感じられてならない.またこの点について,さらに踏み込んで欲しい,と秋本福雄先生からエールをいただく.

    2012jan25_jsurp0012012jan25

2012年1月23日 (月)

町田市 共助型避難生活ワークショップ

 町田市自主防災組織リーダー講習会にて,避難行動から避難生活期にフォーカスしたワークショップを企画実施.今年で3年目となるが,事前準備の作り込みが功を奏した.静岡県で開発された「避難所HUG」も参考に,方法論を開発.
 午前中は,工学院大学の村上先生,杏林大学の大木先生から,東日本での支援活動のご報告をお聞きする.お2人の熱意と被災地への考察力に感銘.
 ワークショップは,民間シンクタンクや大学で教職を取られている首都大学 都市システム学域のOBOGにもご協力いただく.事務局を担っていただいた町田市防災安全課,日本ミクニヤスタッフのみなさんも含め,大変おつかれさまでした.
2012machida012012machida02

2012jan_machida_table012012jan_machida_table02

2012年1月13日 (金)

都市デザイン指向型区画整理の到達点

 懇意にさせていただいている江戸川区職員の方にご案内いただき,江戸川区内の区画整理事業地区,葛西沖の開発,スーパー堤防事業を歩かせていただく.
 なかでも,篠崎と一之江地区での区画整理事業の成果は大変に興味深かった.
 高度利用推進区を用いた共同建替え,街区内部の路地公園整備,一之江駅まわりのにぎわい創出.どの地区でも,区画整理事業による都市デザインの成果としても,大変に刺激的だった.
 貴重な意見交換も含め,江戸川区区画整理課スタッフのみなさま,本当にありがとうございました.

cimg0613 cimg0587

cimg0635 cimg0642

2012年1月11日 (水)

向島まちあるき

 学部授業の一環で,東向島から京島まであるく.
 墨田区の木密担当のTさん,事業の経緯をご案内くださり,どうもありがとうございました.
 東向島は,事業としては完了し,地域での「まち育て」が中心.京島は防災街区整備事業が工事に入り,木密内の道路整備の進行により,動き出しそうな敷地も多く見受けられた.どちらの地区も「木質3階建て」の意味を掘り下げた上で,リ・デザインできると,墨田防災まちづくりの「今」が見えてくるのでは,と感じる.
 白髭橋から眺めた際に,堤防上のブルーテントが多いなぁ,と感じつつ,16時過ぎの銭湯から気持ちよさそうな顔で出てこられたお年寄りのご夫婦にホッとする.
 来週,今日のまちあるきを踏まえた学生のアイディアコンペ.この空間を20前後の今の学生がどう感じ,働きかける視点をもったか,楽しみだ.

cimg0562 cimg0565

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

書かせていただきました

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

To mail