« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月14日 (木)

JVOAD連携セミナー:東日本大震災での広域避難の分科会

 災害時の民間部門(NPO/NGOに加えて民間法人一般)の連携力を高めようと,U.S.のNVOADも意識して2015年に設立されたJVOAD(特定非営利活動法人 全国災害ボランティア支援団体ネットワーク),3回目となった全国フォーラム(2018/6/12-13)に600人近い参加があり,分科会3:東日本大震災における広域避難者支援,にパネリストとして,参加させていただきました.
 広域避難については,2017年度より,明治大学,専修大学,首都大学東京,東京都で勉強会を立ち上げて検討を進めていたところでしたが,分科会では下記の3点,ポイントとして感じました.

(1)「広域避難」を論じる際,その指していることが幅広いことに留意すること.おそらく,原発事故と自然災害の広域避難は,分けて考えた方がスッキリするが,東日本大震災では津波被災による広域避難と原発被爆からの広域避難が避難者数調査も含めて一体となっている.

(2)「自主避難」という用語を使い続けていくことの是非.森松明希さんからは「子どもを,家族を守るために,たくさんの葛藤を抱えながらも,現実に向き合い,自らの意思で行動した」という多くの福島からの広域避難世帯に対して「自力避難」という表現もご提案がありました.

(3)この2点目の論点に関連して,広域避難支援を考案していくにあたり,災害救助法にある被災者の「保護」と考えるのか,災害による喪失からの合理的な「ニーズ」としてとらえるか,それとも,「一人ひとりがそれぞれのやり方で,被災から回復していく権利があり,被災者が自分たちのペースで回復していくそれぞれの営みを尊重すべき」という「人権」として考えるのか(分科会パネラーであり「大災害と法」の津久井進先生から,事前Mtg含めて多くの示唆をいただきました),という論点

 引き続き,首都大学東京 都市防災・災害復興研究室としても検討を深く掘り下げていきたいと感じています.
 全体会含め,圧倒的な情報量で,また,気仙沼や東海地方のProjectでお会いした方との再会もあり,大変に濃密な1日を過ごさせていただきました,ありがとうございます.

20180612jvoad


« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

私の発表論文等

書かせていただきました

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

To mail